田七人参サプリ効果ランキング完全版

田七人参とは

田七人参

田七人参は数ある中国由来の貴重な天然素材の中でも、その希少性と有効性が最も高いものの一つです。田七人参の希少性は昔から今まで変わらず、長らくお金に換えられないほど価値が高いという意味で「金不換」と呼ばれているほどです。

 

田七人参は確かにその薬効が高いこともありますが、生産が非常に難しいこともその価値を高める理由の一つになっています。

 

田七人参はウコギ科トチバニンジン属の薬用植物で、ニンジンといっても私たちが一般的に食べている野菜のニンジンであるセリ科ニンジン属とは種類が異なります。

 

田七人参はとにかく生産が難しいことで知られ、田七人参を栽培するノウハウが流出していないこともありますが、何より土壌の栄養を余さず吸収してしまうため、一度田七人参を栽培するとその畑は数年間田七人参にも他の作物にも使えない状態になってしまうため、生産し続けることが難しいのです。

 

糖尿病、肝臓病の予防・対策に

 

田七人参は西洋医学の代替療法として、薬の代わりによく用いられます。実際にその薬効は高く、特に対処が難しい糖尿病や肝臓病の症状緩和や予防に用いられます。田七人参について話を聞いたことがある人なら、糖尿病対策に役立つという効果をきっと知っていると思います。

 

参考:糖尿病予防サプリメントランキング

 

また病気の治療・予防だけでなく、毎日の健康を底上げするような効果も多く見られます。何よりアミノ酸やミネラル群など栄養素も豊富ですので、単純に栄養補給としての役目も十分に果たす、オールマイティな生薬として用いることもできます。

 

田七人参に含まれる成分とは

 

生の田七人参を個人が手にする機会はほぼないと思いますが、生の田七人参を取引する際は大きさや年数によって価格が決定します。大きければ大きいほど、栽培年数が長ければ長いほど高価なものとなり、健康効果も高いことが期待できます。

 

田七人参の大きさは重量や長さではなく、「頭数」で示されます。これはその田七人参を何個集めれば1斤(600g)になるかという数値であり、例えば1個30gの田七人参ならば20個で600gとなりますので「20頭」ということになります。頭数が少ないほど大きく高価な田七人参ということになる点にお気を付けください。

 

また、畑で何年育てたかという年数も価格に大きな影響を与えます。田七人参は最短で1年で収穫しますが、1年ものの田七人参はあまり品質がよくなく、実際に有効成分の量も少なめです。

 

逆に最長では7年ほどの田七人参も流通していますが、長く育てれば育てるほどその土地が痩せきってしまうため、よほど高く売れないと採算が取れず、結果的にとても高価になります。

 

田七人参に含まれる成分は田七人参特有のものが多く、他では摂取できないものや摂取しにくいものがたくさん含まれています。

 

最も多機能で薬理成分が強いサポニンや、田七人参の名を冠したデンシチンアミノ・田七ケトン、植物性ポリフェノールであるフラボノイド、アルギニンや各種アミノ酸など、まるで天然のサプリメントのような栄養成分の配合量を誇っています。

更新履歴